DVDプレスの流れ

メニュー制作

ホーム DVDプレスの流れ > メニュー制作

メニュー制作

DVDをプレイヤーに入れたときに表示されるDVDメニュー(タイトル画面)を制作します。このメニューがあれば、視聴者が見たい映像や音声を選択できるようになります。


DVDメニューの種類

DVDメニューには大きく分けて、静止画メニューと動画メニューの2種類があります。

静止画メニュー

静止画面上に、チャプターボタンが並びます。

動画メニュー

選択するチャプターなどが動くタイプのメニューです。
本編の映像から一部抜粋し、編集をおこなって作成します。

ご注意事項

DVDメニューには静止画・動画に関わらず、DVDの仕様上さまざまな注意点があります。

・メニューを制作するサイズ
正しいサイズで制作しなければメニューとして機能するデータにはなりません。また、モニターで確認する環境がない場合、せっかく制作したメニューデータの文字が、小さくて読めなかったり、パソコンモニターとテレビモニターの色がだいぶ違うといった場合もあります。

・16:9ワイドテレビ用メニューか4:3ノーマルテレビ用メニュー
DVDメニューにも、収録する映像同様に、16:9ワイドテレビ用、4:3ノーマルテレビ用メニューがあります。4:3ノーマルテレビ用に作成されたメニューは、16:9ワイドテレビでは横方向に引き伸ばされて見えます。逆の場合、画面の上下に黒い帯が入ります。


FUJITSUSHO ご注文・お問い合わせ(受付時間:平日 9:00〜18:00) フリーダイヤル0120-941-503 FAX 0120-941-803 注文用紙(PDF) PAGE TOP 注文用紙(PDF)